体調によって左右される敏感肌|化粧水で肌のバリア機能をアップ

ニキビ跡に悩んでいるなら

肌に触れるウーマン

おすすめの化粧水

ニキビが繰り返してできてしまったり、ニキビ跡が残ってなかなかきれいな肌にならないのは、毛穴に古い角質が溜まってしまっているからです。肌は約28日周期で新しい肌に生まれ変わっていますが、その肌の生まれ変わりであるターンオーバーが乱れると、古い角質が剥がれず、溜まってしまうことがあります。それが毛穴をふさぎ、再びニキビの原因にもなったりもします。どんな化粧品をつかっても、肌に成分が浸透しないということも起こります。ニキビの後の化粧水としておすすめなのがリプロスキンです。薬用の化粧水であるリプロスキンは、水溶性と油溶性の有用成分と水分の3つの吸収を向上させるような仕組みを持っていることで、肌にうれしい成分の吸収を高め、ターンオーバーを正常化させるという特徴を持っています。

継続して使い続けること

また、正常な肌を保つためには、乾燥肌は大敵です。肌荒れやニキビなどのトラブルを起こしがちです。リプロスキンは保湿効果の高い、スクワランやコメヌカエキスなどを配合し、保湿力を高めてくれます。潤い高い肌に導き、肌ストレスや外からのダメージにも強い肌にしていく効果もあります。リプロスキンの使い方は、朝と夜の洗顔後に、両手で化粧水を温め、顔全体になじませることを2回行います。これだけを毎日繰り返すのですが、効果があらわれたと感じるには時間がかかります。正常な肌のターンオーバーは約28日といわれているので、効果が実感できるまでは最低でも1カ月、かかるといえます。時間をかけてゆっくり効果が得られるので、焦らず継続することが大切です。