体調によって左右される敏感肌|化粧水で肌のバリア機能をアップ

お肌の悩みに

化粧品

女性は年齢が40代手前になると、女性ホルモンが減少する傾向があります。特に、エストロゲンを代表とする女性ホルモンが少なくなると頬や目の下のハリがなくなってたるみが生じます。このたるみというのは、皮膚が垂れ下がることを意味しますが、それは肌にハリが失われるから生じるのです。そのためたるみを解消するには、スキンケアが有効です。特に、コラーゲンやレチノール、ビタミンCなどの美肌成分が配合されている化粧品を使うのがおすすめです。化粧品には化粧水、美容液、乳液がありますが、美容液が最も成分が凝縮されているので効果が高いです。一方、敏感肌の人にはゆっくりと浸透させる乳液がおすすめです。こうした化粧品を使ってたるみを解消しましょう。

化粧品によって肌のコラーゲンを増やすことが治療につながります。そしてこのコラーゲンを増やす効果を持っているのはナイアシン、レチノール、ビタミンC誘導体が代表的です。ビタミンCは効果が高いのですが、そのままだと化粧品に配合することが難しいので、誘導体のものが良いです。誘導体であれば肌に塗布すると肌に浸透してコラーゲンを増やすことが可能になります。また、抗酸化作用の高い成分が配合されている化粧品もおすすめです。それから、たるみを生じさせるのは肌の老化です。その老化を促進させるものは活性酸素の働きで、その活性酸素を除去できるのは抗酸化成分です。この抗酸化作用に有効な成分が入っている化粧品を使って、紫外線対策や表情筋を動かして、若々しい肌を作りましょう。