体調によって左右される敏感肌|化粧水で肌のバリア機能をアップ

お肌の悩みに

化粧品

肌のハリが失われることが原因で生じるたるみは、有効成分が配合されている化粧品を使ってスキンケアをすることで解消できます。コラーゲンの活性化と、活性酸素を除去する抗酸化作用の強い成分が含まれているものを選びましょう。

もっと見る

お勧めのビタミンC誘導体

女性

毛穴トラブルに悩んでいるなら、ビタミンC誘導体を配合したローションやクリームを使用するのがお勧めです。ビタミンC誘導体は肌の奥深くに浸透し、皮脂を抑えて黒ずみを予防し、線維芽細胞を刺激してたるみを改善する働きをします。

もっと見る

肌トラブルで多い症状

化粧品を持つ女の人

敏感肌は、多くの女性が肌トラブルとして悩んでいる症状です。厳密に言うと、敏感肌とは水分と油分が少なくて乾燥している肌の事です。肌のバリア機能が低下してしまう事で、紫外線などの刺激を感じやすい状態になっています。なぜ敏感肌になるかというと、食事が原因といわれています。近年では、ダイエットや偏った食生活で、きちんと栄養が摂れていない女性は多いです。そうなると、栄養不足で皮膚の潤いを保つセラミドが作られなくなります。その結果、バリア機能が衰えて敏感肌になってしまいます。さらに、女性の場合、生理、妊娠などで体調が変化しやすい時期があります。体調の変化とともに肌のバリア機能が低下し、敏感肌になってしまいます。

敏感肌を解消するためには、保湿性の高い化粧水でケアする事が大事です。肌に潤い、保湿力を補給できるので、敏感肌の症状が改善されます。しかし、なかには敏感肌の症状がひどくて、市販の化粧水を使えない方は多くいます。そのようなケースでおすすめなのが、手作りの化粧水でケアする事です。市販の化粧水には、肌に刺激を与える成分が含まれていることが多いです。しかし、手作りの場合、肌に害を与える成分を一切含まないです。なので、優しく肌をケアできるというわけです。手作り化粧水の作り方は、精製水とグリセリンを10対1の割合で混ぜます。さっぱりした化粧水を作りたいなら、グリセリンを少なめにします。また、しっとりしたものを作りたいなら、グリセリンを多めにします。これを容器に入れて、毎日のケアに使うようにします。

ニキビ跡に悩んでいるなら

肌に触れるウーマン

ニキビが繰り返されたり、ニキビ跡が解消されないのは、毛穴に古い角質が溜まってしまっている状態だからです。肌を正常化させるのにおすすめなのが、薬用化粧水のリプロスキンです。成分を肌に浸透させる仕組と高い保湿効果があることで、肌を正常化させ、ニキビ肌を改善してくれます。

もっと見る